三愚集

Copyright (C)  Ken Kitabatake. All Rights Reserved.

『明治百俳家短冊帖』の編者・秋元梧楼によって刊行され俳画集。

秋元梧楼が選んだ小林一茶の二十七の句を、夏目漱石が書し、小川芋銭が俳画を添えたもの。俳画集に関わった、一茶・漱石・芋銭の三人を「三愚」と称しことにより、『三愚集』の名称が付された。漱石が命名。

刊行は諸般の事情で、漱石没後の大正9年まで延びてしまった。

 なお、平成4年8月、初版と全く同じに再現された復刻本が単独舎から刊行されている。これには、『三愚集』解題他が別刷りとして付属する。

​ 芋銭研究の頁の、『三愚集』についても、併せてご覧下さい。

​画像の無断転載を禁じます。画像処理を施しています。

『三愚集』帙表、帙裏
『三愚集』帙表、帙裏

帙表:三愚集(漱石書)  帙裏:芭蕉ハ自然に行き 一茶ハ人に行く 一茶の句は我喜ぶ所なり 則此畫を作りて三愚の一に入りたる我ハ 愚の上に愚の光榮とや言ハん 大正二年孟春三月 草か餅になる日  *肖像は、上から、漱石、芋銭、秋元梧樓。 右下は、芋銭の雅印。

press to zoom
表紙 裏表紙
表紙 裏表紙

表紙:三愚集(絵は芋銭、書は漱石)  裏表紙:名月の(絵文字)御覧の通り屑家哉(絵は芋銭、書は漱石)

press to zoom
夏目漱石 序文-1
夏目漱石 序文-1

右:三愚集 句ハ一茶 畫は芋銭 書は漱石 それ故に三愚集  左:といふ 句を作りて後世に残せる一茶ハ氣の知れぬ男なり 其句を畫にする芋銭は入らざる男也 頼まれて不得巳一茶の句を寫せる漱石ハ 三人のうちにて一番の大馬鹿

press to zoom
夏目漱石序文-2
夏目漱石序文-2

右:なり 三愚を一堂に会して得意なる秋元梧樓に至つてハ 賢か愚か殆んど判しかたし 四十五年五月 漱石  左:印文「多聞天蔵」

press to zoom
あら玉の(句の上五を仮題とする。以下同じ)
あら玉の(句の上五を仮題とする。以下同じ)

右:あら玉の年立帰る虱かな 漱石(以下省略) 左:芋銭画(以下省略)

press to zoom
きりきりす
きりきりす

きりきりす今日や生れんすみれさく

press to zoom
春雨の
春雨の

春雨の大欠伸する美人かな

press to zoom
痩蛙
痩蛙

痩蛙まけるな一茶是にあり

press to zoom
なんのその
なんのその

なんのその西方よりもさくら花

press to zoom
舞扇
舞扇

舞扇さるの涙のかゝるかな

press to zoom
門々の
門々の

門々の下駄の泥より春たちぬ

press to zoom
深山木の
深山木の

深山木の芽出しもあへず喰はれけり

press to zoom