近刊案内『小川芋銭西山泊雲来往書簡集』

 西山泊雲は、小川芋銭の人と芸術をこよなく愛した人で、芋銭作品のコレクターとしても知られています。その泊雲と芋銭との魂の交友を綴った相互の書簡を収録した『小川芋銭西山泊雲来往書簡集』が刊行されました。

 泊雲(本名亮三)は、兵庫県丹波の人で、家業の酒造業を営む傍ら、ホトトギス系の俳人としても活躍しました。また芸術にも造詣が深く、泊雲居には多くの文人・画家たちが集い、文化の一大拠点を成していました。その泊雲が最も愛し尊敬していた画家が芋銭です。

 収録された書簡は、泊雲宛芋銭書簡320通、芋銭宛泊雲書簡131通、計451通に及び、547頁にわたって収録されています。このうち、芋銭に宛てた泊雲書簡は、初めて世に出るものです。芋銭書簡320通のうちの多くも初めて公開されるものです。

 芋銭研究・泊雲研究のため欠くことのできない存在となるでしょう。

 この書籍は、㈱西山酒造場 会長 西山裕三氏の熱意により刊行に至りました。

 この書籍のお問い合わせやお求めの際は、下記へご連絡をお願いします。

 住所:〒669-4302 兵庫県丹波市市島町中竹田1171 ㈱西山酒造場

 電話:0795-86-0331

       『小川芋銭西山泊雲来往書簡集』訂正表

 

芋銭書簡番号 110

 該当頁  該当行   誤            正

   166        6  出ぬ化物を          出ぬ化物は

               8    頼みにに           頼みに

             12    微力を盡くし         微力を盡し

             12    人間の争戦塲は時々   人間の争戦塲に立つ者は時々

             13    ものに候 水スマシ   ものに候  之を狼狽せぬ一方法に候 水スマシ

   167           1  一つの心の動き     一つ心の動き

                    5  雨ふる日晴るゝ日も   雨ふる日も晴るゝ日も

              6  長談義如きたる     長談義めきたる

                    9  全然別種        全然別趣

                     10  風景につなぐる      風景につながる

                     10     今の日本畫も西洋画家も  今の日本畫家も西洋画家も

                     11     美は女人の裸躰      美は女人裸躰

                     14     二階起臥          二階の起臥

                     15     先方黒藥          仙方黒藥

 

    この書簡につきまして、データの取扱を誤り、上記のような誤読を記してしまいました。

  読者の皆様方には、心よりお詫び申し上げます。また併せて訂正させていただきます。

                       2018/9/25    執筆編集責任 北畠健